【アココース】1年次からのアコースティックギター製作学科開講!

2021/02/25

アコースティックギター製作学科の復活

以前は開講していたアコースティックギター製作学科(以下アコ科)。時代とともにアコギ人口が減少していく中で、閉講されました。

しかし、楽器一本で始められる手軽さから、老若男女問わず幅広い層が近年再びアコギを手にするようになっています。市場の盛り上がりも相まって、製作や修理の需要が高まっています。店頭だけでなくネットの普及も後押ししています。

アコ科閉講後も2年次以降にアコースティックギターコース(以下アココース)の選択は可能でしたが、1年目からのアコ科を希望する声は聞かれていました。
そのような需要の高まりから、オープンキャンパスに来校いただく皆さんからも業界内からも多くの声をいただき、この度ついに復活、開講することとなりました。

概要

【募集年度】2021年度4月入学
【学科名】 アコースティックギター製作学科
【受講日】 平日(土、日、祝日はカレンダー通り休み、夏季・冬季休み有り)
【受講時間】9:30~13:00(休憩時間含む)
【受講期間】4月~3月(1年次課程終了後、卒業か2年次進級を選択できます。)
まずは説明会オープンキャンパスにご参加ください。

コース内容

4月入学でスタートする平日コースです。1年目は4月から3月の1年間で2本のギターを製作します。
(祝日はカレンダー通り休み、夏季・冬季休み有り)
1年次課程終了後、卒業か2年次進級を選択できます。
(1年次を製作修理本科、2年次を研究科、3年次以降を開発科と呼んでいます。)
コース内容についてさらに詳しくはこちらもご覧ください。

1年次

1作目:OOO(トリプルオー)モデル
OOOタイプの側板を使用して、表板と裏板を製作します。
基本構造や木工道具の仕立て方、使い方などを身につけます。

2作目:ドレッドノートモデル
製図や側板の加工なども加わり、難易度もぐっと上がります。
工程数も増え、基本構造や木工作業をより深く学びます。

2年次

1作目:エレクトリック・アコースティックギター
OOOモデルを基本に、ピエゾピックアップ、プリアンプを搭載します。
デザイン、加工など一年次に学んだ基本をおさえながら、配線等新たな内容も学びます。

2作目:オリジナルモデル(フラットトップ)
設計に始まり、型枠の製作など基本を学びます。
ギターに限らず、ベースやウクレレも可能です。

3年次

自由製作
3年次は製作内容、本数などを自身で設定します。
セミアコやフルアコ、アーチドトップの製作も可能になります。

おすすめポイント

1年目は年間を通して2本のギターを製作する中で、基本構造や工具の仕立て・使用方法などを身につけます。
いずれも今日のアコースティックギターを語る上では外せない最もスタンダードな構造です。しっかりと基本から学ぶことができるので、ギターについてそんなに詳しくないという方や演奏経験の乏しい方でも安心して入学いただけます。

----------・----------・----------・----------・----------

アコースティックギター製作学科資料をご希望の方は、東京校事務局までお電話でご連絡いただくか、または下記の資料請求フォームからお申し込み下さい。
※資料請求の際は、備考欄に必ず「アコースティックギター製作学科希望」と明記下さい。

《お問い合わせはこちら》
《資料請求はこちら(無料)》
東京校のTwitter
東京校のInstagram
東京校のブログ
TOPに戻る


【ESPギタークラフト・アカデミー東京校事務局】
◇〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-9 ESPお茶の水ビル4F(道順はこちら)
◇TEL:03-3219-0915 / FAX:03-3219-0925
◇フリーコール:0120-03-0915

< 前の記事 | 記事一覧 | 次の記事 >