ESPギタークラフト・アカデミー ギタークラフト・アカデミーサイトトップに戻る お問合せ
お問合せ イベント申込 資料請求
トップ > アーティストを支えるプロの技術


ESPギタークラフト・アカデミーは、開発途中の作品やアーティスト本人のギターやベースが間近で見られる環境が実際の教材になっています。ここでは、授業中に仕事できた修理品やオーダー品をちょこっとお見せします。

●ガチャガチャギター製作
ESPギタークラフト・アカデミーが主催するギタークラフトコンテストのグランプリ作品が完成しました。東京校、大阪校、名古屋校、仙台校で担当する作品があるのですが、今回ご紹介するのは、東京校が担当した「ガチャガチャギター」です。その製作工程をご紹介いたします。

1:新潟県の敬和学園高等学校の女子生徒さんが考えた作品です。ギターにガチャガチャが組込まれた遊べるギターです。楽器店のイベントで活躍しそうな面白い作品だと思います。
1:新潟県の敬和学園高等学校の女子生徒さんが考えた作品です。ギターにガチャガチャが組込まれた遊べるギターです。楽器店のイベントで活躍しそうな面白い作品だと思います。
2:デザインを参考に型を作りました。このギターに使われた木材は、「アルダー」です。
さて、ここからスタートです。
2:デザインを参考に型を作りました。このギターに使われた木材は、「アルダー」です。 さて、ここからスタートです。
3:指板にはLEDを組込みました。その指板はエボニーという高級材を使用しています。
3:指板にはLEDを組込みました。その指板はエボニーという高級材を使用しています。
4:ボディ製作はとても複雑です。ボディ強度も考え外側の材厚をしっかりと残し、カプセルがたくさん入れられるように、内側を掘ります。
4:ボディ製作はとても複雑です。ボディ強度も考え外側の材厚をしっかりと残し、カプセルがたくさん入れられるように、内側を掘ります。
5:材厚を残した外周に添って小物が入る穴を開けました。これで強度と見た目の両立ができました。
5:材厚を残した外周に添って小物が入る穴を開けました。これで強度と見た目の両立ができました。
6:この段階ではまだ粗加工です。次に難題のガチャガチャの仕組を考えます。
6:この段階ではまだ粗加工です。次に難題のガチャガチャの仕組を考えます。
7:このトレイをワイヤーで動かしカプセルを転がす仕組にしました。
7:このトレイをワイヤーで動かしカプセルを転がす仕組にしました。
8:ワイヤーは、ボディ裏側にアルミパイプが仕込まれていて、その中にワイヤーを通しています。
8:ワイヤーは、ボディ裏側にアルミパイプが仕込まれていて、その中にワイヤーを通しています。
9:ここからワイヤーが出て、ギヤーに接続され、回転運動でワイヤーが押し引きされる仕組になっています。
9:ここからワイヤーが出て、ギヤーに接続され、回転運動でワイヤーが押し引きされる仕組になっています。
10:ここまで出来れば、次は塗装ですが、はじめにダイヤルを木で製作し、塗装で仕上げました。
10:ここまで出来れば、次は塗装ですが、はじめにダイヤルを木で製作し、塗装で仕上げました。
11:塗装仕上は、写真ではわかり辛いですが、赤にパール顔料を混ぜています。しかも光沢をあえて無くし、ガチャガチャマシーンで見られるプラスチックの風合いに近づけました。
11:塗装仕上は、写真ではわかり辛いですが、赤にパール顔料を混ぜています。しかも光沢をあえて無くし、ガチャガチャマシーンで見られるプラスチックの風合いに近づけました。
12:ここからの配線、そして組込み調整が大変です。LEDとギター信号の配線は分けました。ボディにこれだけ大きな穴がありますので、ワイヤー同様に裏側に仕込んでおいたパイプに配線材を通しました。
12:ここからの配線、そして組込み調整が大変です。LEDとギター信号の配線は分けました。ボディにこれだけ大きな穴がありますので、ワイヤー同様に裏側に仕込んでおいたパイプに配線材を通しました。
13:ピックアップとアクリル板を取り付けました。アクリル板は、ボディTOP面に合わせるために落とし込んではめています。
13:ピックアップとアクリル板を取り付けました。アクリル板は、ボディTOP面に合わせるために落とし込んではめています。
14:裏側にピックアップセレクタースイッチとカプセルの補充穴があります。ここからカプセルをいつでも補充出来るようになっています。
14:裏側にピックアップセレクタースイッチとカプセルの補充穴があります。ここからカプセルをいつでも補充出来るようになっています。
15:中を見えなくするためにパネルも作りました。そしてLEDが点灯しますのでカプセルがとてもキレイに映ります。
15:中を見えなくするためにパネルも作りました。そしてLEDが点灯しますのでカプセルがとてもキレイに映ります。
16:完成です。ガチャガチャとしても遊べますし、とても楽しめるギターになりました。
16:完成です。ガチャガチャとしても遊べますし、とても楽しめるギターになりました。

●フェンダージャパンテレキャスターレストア
テレキャスターの音が出ないと相談がありましたので健康診断とレストアを行いました。
1:ピックアップが落ちていたり、一目でしばらく使っていなかったことがわかるくらい大変な状態になっていました。
まずは分解です!
1:ピックアップが落ちていたり、一目でしばらく使っていなかったことがわかるくらい大変な状態になっていました。 まずは分解です!
2:パーツを外し状態を調べてました。
ピックアップは異常はありませんでしたが、ジャックが外れかけていたのでハンダ付けをやり直しました。
2:パーツを外し状態を調べてました。 ピックアップは異常はありませんでしたが、ジャックが外れかけていたのでハンダ付けをやり直しました。
3:ペグ周りは汚れが酷くここもバラしてクリーニングします。
3:ペグ周りは汚れが酷くここもバラしてクリーニングします。
4:クリーニングしました。
そこそこ綺麗になりました。
4:クリーニングしました。 そこそこ綺麗になりました。
5:テンションガイドもクリーニングです。
真っ黒に錆びていましたので、磨きました!
完璧ではありませんが、クロームメッキ色がわかるまでに復活しました。
5:テンションガイドもクリーニングです。 真っ黒に錆びていましたので、磨きました! 完璧ではありませんが、クロームメッキ色がわかるまでに復活しました。
6:ナットの交換を行いました。このパーツは弦をサポートする重要なパーツです。破損していましたので新しいものに交換しました。
6:ナットの交換を行いました。このパーツは弦をサポートする重要なパーツです。破損していましたので新しいものに交換しました。
7:後は磨いたパーツを取付けて組立てに入ります。
7:後は磨いたパーツを取付けて組立てに入ります。
8:弦を張り、各パーツの再調整をおこない完成になります。
8:弦を張り、各パーツの再調整をおこない完成になります。
完成!!
完成!!
 

●レスポールカスタム バインディングリペア
今回のリペアは、レスポールのヘッドに巻かれているシマシマの装飾(バインディング)が一部剥がれているのを修理してくれないかと、依頼があり受け引き受けました。ピッタリと継ぎ目を合わせることはもちろんのこと、全体の古さに合わせた色を調合するのにちょっと苦労しました。でもそこはプロの技!ちゃんとリペアしましたよ!

1.見ての通り、バインディングが一部欠損しています。ここに新たな専用の装飾材をはめ込んでいきます。
1.見ての通り、バインディングが一部欠損しています。ここに新たな専用の装飾材をはめ込んでいきます。
2.このギターは帯が全部で5本重ねたものになっています。一気に貼らずに4本だけを束ねて端だけを接着剤で固めます。(全部接着すると帯が曲がらなくなるためです)。
2.このギターは帯が全部で5本重ねたものになっています。一気に貼らずに4本だけを束ねて端だけを接着剤で固めます。(全部接着すると帯が曲がらなくなるためです)。
3.左端の継ぎ目をしっかりと形を合わせ、ヘッドの形状にそって丁寧に接着していきます。
3.左端の継ぎ目をしっかりと形を合わせ、ヘッドの形状にそって丁寧に接着していきます。
4.次に5本目の太めの帯を接着していきます。
4.次に5本目の太めの帯を接着していきます。
5.もう片側もピッタリに接着します。...慎重に!
はめ込み完了。いよいよ塗装です。
5.もう片側もピッタリに接着します。...慎重に! はめ込み完了。いよいよ塗装です。
6.まずは全体の雰囲気に似せた色を作り、エアーブラシで吹き付けていきます。古い帯と今回新しくはめ込んだ帯との継ぎ目が分からなくなるようにしなければなりません。(秘密です)
6.まずは全体の雰囲気に似せた色を作り、エアーブラシで吹き付けていきます。古い帯と今回新しくはめ込んだ帯との継ぎ目が分からなくなるようにしなければなりません。(秘密です)
7.継ぎ目もわからなくなり、色が合いました!まだこれだけでは終われません。
7.継ぎ目もわからなくなり、色が合いました!まだこれだけでは終われません。
8.周りの雰囲気に合わせるために、色を濁らせたり(筆塗りで調整)軽くキズを付けたり、色を剥がしたりして古さを表現してみました。
8.周りの雰囲気に合わせるために、色を濁らせたり(筆塗りで調整)軽くキズを付けたり、色を剥がしたりして古さを表現してみました。
9.やっと完成しました。どうでしょうか!.....。

ESPスタッフ
9.やっと完成しました。どうでしょうか!.....。 ESPスタッフ
 

 

    次の記事を見る