ESPギタークラフト・アカデミー ギタークラフト・アカデミーサイトトップに戻る お問合せ
お問合せ イベント申込 資料請求
トップ >  学校沿革

学校沿革

ESPギタークラフトアカデミーは、ギターメーカーESPが運営している教育機関です

『ESPギタークラフト・アカデミー』は、ギターの製作技術やリペア(修理)技術を、本格的に習得したいと望む人達の為に日本で初めて設立された学校で、製作、リペア、開発などの技術や知識をその基礎から学ぶ事ができる養成機関です。運営しているのは、数々の名作を製作するギターメーカーとして海外でもトップ・メーカと評され、数多くの内外有名プロ・ミュージシャンの愛用ギターも製作する(株)ESPです。

ルーツは、1975年から日本各地の楽器店スタッフを対象に行っていた「リペア講習会」で、1983年に「日本ギター製作学院」の名称で学校として本格始動しました。

指導スタッフは、プロ・ミュージシャンのギター製作、リペアー、メンテナンスなどを手がける(株)ESPの現役スタッフを中心とし、他にも、内外の有名メーカーやパーツの開発者などに関わるクラフトマンや営業関係者などを招いた特別講義な行い、業界のシステムや実際の仕事内容などについて学びます。

ESPグループについて




カリキュラムは、木工の加工から、塗装、パーツ組み込み、エフェクー製作など、ギター製作やリペアに関わるあらゆる作業で、木工機械、塗装ブース、治具、工具など、ギター製作に必要なあらゆる設備を完備した、実際のギター工房に近い環境で行います。
また、(株)ESPの開発部門やプロ・ミュージシャンのメンテナンス工房が隣接し、開発途中のモデルやプロ・ミュージシャン本人のギターなどが間近で見られることもあります。

卒業後の就職については、楽器、音楽、出版、放送などに幅広く事業展開を行うESPグループ各社のネットワークを通して紹介しており、卒業生は今日、ギター・メーカー、リペアー・ショップ、ギター・ショップを始め、楽器ディーラー(問屋)、音楽出版社、音楽プロダクション、レコード業界など、楽器・音楽業界の幅広い分野で活躍しています。