ESPギタークラフト・アカデミー ギタークラフト・アカデミーサイトトップに戻る お問合せ
お問合せ イベント申込 資料請求
トップ >  就職・進路指導 

就職・進路指導

特殊技術を身に付けた学生たちに、内外のトップギターメーカーも注目!

技術は自分の財産です。この楽器製作といった特殊技術を身に付けた学生たちに、内外のトップギターメーカーも注目しています。
当校のカリキュラムはギターメーカーにしか出来ない、「経験を積む」をテーマに、数多くのギター製作をすることや、リペアを経験するといった実習中心の授業スタイルになっています。また、国内の有名メーカー、問屋、楽器店はもちろん、フェンダーやギブソン、ポールリード・スミスなどの海外有名メーカーとのネットワークを持っており、こうした業界関係者を招いた特別セミナーを行うことで技術を修得するだけでなく業界知識を得ることが、就職への近道になります。

   
年数回のアンケートと面接により、各人の希望、技能レベル、目的などを確認しながら就職斡旋・進路指導をしていきます。   毎年多くの企業から届く求人票をもとに、進路を決定していきます。又、求人票以外に希望がある場合には、ESPが持つ多くのコネクションや情報を利用しながら進路指導を行っています。   職活動や手続きに必要な書類(卒業見込み書、卒業証明書、成績証明書、他)
なども随時発行しています。又、再就職の時に必要になった場合にも書類の発行
をしておりますので卒業後のサポートにも対応しております。

 

インターンシップ制度

ギターの製作技術や知識の取得とともに、現実的な就職を見据えた現場実習を行う「インターンシップ制度」も希望者に実施しています。
ギターの製造メーカーやリペア&メンテナンス会社、またギターショップや貿易・卸営業会社などで、より現実的な仕事内容や業界のシステムについて現場で体験する研修制度です。

卒業後の進路 ギターの制作・修理技術を生かせる職業

ギター技術関連のビジネスといっても、その仕事内容は多種多様で、一般的に知られている「ギター・クラフトマン」 「ギター・リペアマン」といったギターの製作や修理に直接携わるもの以外にもいろいろあります。たとえば、開発などに携わる「ギター・デザイナー」といった存在は業界以外の人にはあまり知られていません。
また、ギターを演奏する人がギターをいつも使いやすい状態にチェックしたり、コンサートやレコーディングなどの演奏時に、ギターを常によい音が出るようにする「ギター・テクニシャン」といった職業も、近年大きくクローズアップされ、需要が多くなっています。
また、そのギタークラフト技術やリペア技術を生かしたギター関連ビジネスとなると、その業種はさらに幅広いものとなります。
 
「ギター・クラフトマン」とは“ギターを作る人”という意味ですが、その仕事内容は多様で、大きく分けて「木工」「塗装」「組み込み」という3つの作業から成り立っています。
「木工」とは、材料となる木材を加工し、ギターの形に仕上げる作業のことで、「塗装」とは、木工加工がすんだボディ材、ネック材に塗装を施す作業のこと。そして「組み込み」とは、塗装の仕上がったボディ&ネックにピックアップやブリッジ、ペグといったパーツを組み込み、ギターとして完成させる作業のことです。
小さな個人工房やガレージ・メーカーと呼ばれる規模の小さい工場では、これら3つの作業をひとりで行う場合もありますが、一般的には、各作業をそれぞれのスペシャリストたちが責任を持って行うようになっています。
  ギター・リペア”とは“ギター修理”という意味で、楽器に何かトラブルが発生したときにそれを修理するスタッフのことを「ギター・リペアマン」と呼んでいます。ギター・リペアにも大きく分けて「木工系」と「電気系」の2つの作業があります。「木工系」とは、ボディにヒビが入ったり、ネックが曲がったりねじれたり、また、フレットやブリッジのコンディションが悪くて弦がビリついたり、不快な音が発生した場合、それを修理する作業のことです。これに伴う塗装や、色はげなどの塗装作業も含まれます。
一方「電気系」とは、ピックアップやコントロール配線関係のトラブルがあった場合、それを修理する作業のことをいい、ギターを本来のよい音にしたり、演奏上のコンディションをベストな状態にする作業を行います。
これらがギター・リペアマンの仕事です。
 
「ギター・デザイナー」という職業は、アメリカにおいては1950年代より確立されていますが、近年日本でも認識されるようになりました。
ギターのデザインというと、その形や色などを考案するのが仕事のように思われますが、機能性、使い心地、サウンドなどを考慮したうえでの形やパーツの位置、さらには、素材についても考慮してのデザインということで、ギターに関するあらゆる知識、技術が要求されます。したがって、単にギター製作技術や修理技術といった技術面ばかりでなく、優れた開発力、時代の要求に応える創造力、素材に関する知識、そして、ミュージシャンの要望に応える適応力なども要求されるのです。しかし、それゆえに完成したときの喜びは格別で、充実感のある仕事です。

  プロ・ミュージシャンのコンサートやレコーディングなどで活躍し、彼らの演奏時に必要不可欠なスタッフとしてすっかり定着した“楽器テクニシャン”。この職業は、今や専用のスタッフ派遣会社がいくつも存在するまでになっています。
「ギター・テクニシャン」という仕事を簡単に説明すると、コンサートやレコーディングなどの演奏現場で、リペアやメンテナンス、カスタマイズを行うスタッフのことです。一般的にリペアやメンテナンス、カスタマイズがショップやリペア・ルームに楽器を持ち込んで行われるのに対し、そういった作業をスタッフが現場に行って行う、といった内容のものです。ギター・メーカーには以前からこういったスタッフが存在し、活躍していましたが、今や専用の会社やフリーのスタッフも存在するまでに需要が拡大されています。
 
近年“ビルダー”という言葉を多く耳にするようになりました。
「ギター・ビルダー」はお客さんからの注文を受け、そこでまずイメージを作り、製図にしてから「木工」「塗装」の専任クラフトマンに仕事を指示していきます。
最後に「組み込み」「調整」をビルダー自身が手がけて完成させます。
この職種は「木工」「塗装」「組み込み」といった、いわゆるクラフトマンとしての経験が要求されるだけでなく、ミュージシャンやお客さんとのコミュニケーションも重要になるため、レベルの高いエキスパートといえるでしょう。
  ギター関連のビジネスは、ギターのクラフト技術やリペア技術を直接使って行うといった職業ばかりでなく、そうした知識や経験を生かし、応用する職業というのも数多く存在します。
楽器の卸販売やショップだけでなく、海外との貿易やパーツの開発・製造など、数えあげたらきりがないほど、その職種は多彩です。
また、楽器ショップでありながら、そこでオーダーメイド・ギターの受注・製造・販売を行っている店や、オールド・ギター・ショップでギターのカスタマイジングを行っている店、また、楽器の輸出・入を行いながら楽器のレンタル・メンテナンス、テクニシャンの派遣を行っている会社など、簡単にはその仕事内容をひとくくりにできないようなショップや会社の存在も少なくなく、時代に応える新たな職種も次々と登場しています。