esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田)| ESPクラフトスクール

フラットトップアコースティックギター製作コース

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール

フラットトップアコースティックギター製作コースとは

アコースティックギターとは、ボディ内部が空洞になっているものをいい、一般的には、薄い板を曲げて箱状のものを作り、それにネックを接着するという工法で製作する、ほかのモデルとはかなり違った加工方法で仕上げていくギターです。
今日では、大ホールでの演奏も可能にするために、こういったタイプのギターにも"ピエゾ・ピックアップ"などと呼ばれるような、その振動音を拡大する電気回路を組み込んだギターというのもあり、時代のニーズに合ったアコースティックギター製作についても学習することが可能です。

  

その1

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
アコースティックギターのジョイント形状は特殊で、台形の凹凸を組み合わせる蟻型継ぎという伝統の継ぎ手でジョイントします。




その2

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
音色に影響を及ぼすブレーシング加工は、アコースティックギター製作の面白みでもあり、加工バランスに気を使う大切な作業です。




その3

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
パフリングとはサウンドホール周りにある装飾をさします。アコースティックギターの外観的に個性を表すところでもあります。