esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田)| ESPクラフトスクール

ボルトオンギター&ベース製作コース

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール

ボルトオンギター&ベース製作コースとは

ボルトオンギターは、ネックの部分とボディの部分を別々に製作した後で、それらをボルト(ネジ)で止めて完成させる生産効率の良さからエレクトリックギターの中では、最もポピュラーなギター製作スタイルといえます。3つもしくは2つのピックアップがセットされ、トレモロ・ユニットと呼ばれる音程を変化させるブリッジが装備されているというのが一般的です。
このギター製作にあたっては、基本的なボディの木工加工方法、塗装工程、ピックアップやスイッチの配線方法などを学ぶことができます。
まずは1本製作してみたい方にオススメのコースです。

  

その1

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
ボディとネックを別々に作業できるのがデタッチャブル構造の特徴です。ボディやネックの組み合わせが自由にできる利点を生かして、好みのボディ、ネックでセミオーダーができる楽器店もあります。




その2

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
塗装作業は専用の柄を付けて吹き付けをします。ここでもボディとネックは別々の作業になります。




その3

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
仕上がったボディとネックを専用ネジで組み合わせ、各部パーツを取り付けた後は弦を張り、最終調整ができたら完成です。