esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田)| ESPクラフトスクール

セットネックギター&ベース製作コース

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール

セットネックギター&ベース製作コースとは

セットネックモデルは、ボディとネックの接合部分を、ガッチリと固定できるように工夫された、独特の凹凸加工をそれぞれに施し、それらを接着剤でとめて仕上げるという工法で製作されるギターで、デリケートな木工作業が要求されます。
また、このタイプのギターでは、ボディトップ材とバック材を違う木材でラミネイトしたり、"アーチド・トップ"と呼ばれる、ボディ表面にカーブ加工を学ぶことができます。

  

その1

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
ネックとボディの接合部に凹凸を作り、接着する工法をセットネックといいます。




その2

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
ボディ表面をふくらみのある形状にする作業をアーチド・トップ加工といいます。セットネックモデルに多く見られるのも特徴です。




その3

esp guitar craft academy osaka 大阪校(梅田) ESPクラフトスクール
接合部の精度はギターとしての強度や音色にも影響する重要な部分です。ネックとボディの合わせ具合の確認はとても大切です。