ESPギタークラフト・アカデミー ギタークラフト・アカデミーサイトトップに戻る お問合せ
お問合せ イベント申込 資料請求
トップ >  ESP ギタークラフトアカデミーで学び、音楽業界で活躍できる人材になる!

ESP ギタークラフトアカデミーで学び、音楽業界で活躍できる人材になる!

プロのミュージシャンからのフィードバック

株式会社ESPは、1975年創設以来、多くのプロミュージシャンとのコミュニケーションを大切にしてきたギター、ベースメーカーです。
その高い要望に応えるため、日々、技術の向上に努めてきた経緯が、現在の製品となっています。
この経験で得たクラフト、リペア、カスタマイズ技術をESPギタークラフト・アカデミーでは、カリキュラムにしています。
当校は、自社の技術者養成を目的と業界からの要望もあリ1983年にギター、ベース製作技術者養成学校を設立しました。
特徴は、指導するスタッフが現役のクラフトマンであることや卒業後も違和感なく活躍出来るように現場と同じ環境をもてるのも「ギターメーカー」で学べる利点です。

ESPのクラフトマンが直接指導

クラフトマンになるためには、設計から木工加工技術、塗装、組立て、調整といった製作に必要な基礎技術とスピードもある程度は身につけなければなりません。
そのためには、限られた時間内に効率良く製作するためのカリキュラムが必要になります。
まずは、楽器経験のない方にもわかるようにギター、ベースの種類、部品の名称などの説明から始まります。
そして道具や機械の安全な使い方を学び、製作するための基礎ノウハウを学びます。
さらに、製作に必要な材料は無制限に支給されますので、プロのクラフトマン指導のもと、製作本数をこなしながら少しずつスピードも身につけて行きます。
2年間でエレクトリックギターであれば、10本以上(最高14本)の制作が可能ですので、在学中に経験を重ね、現場で求められる「作業効率」を身につけていきます。

リペア、カスタマイズの需要

近年、中古楽器市場の賑わいが目立っています。
これは、楽器専門店以外の通販やリサイクルショップで子供から大人までが手軽に購入出来る事が、人気の要因になっています。
中古楽器の販売は、買取した楽器をそのまま販売するわけではなく、リペアマンの検品、調整を経てから販売しています。
しかしこのようなリペアマンが常駐しているお店は少ないのが現状です。
他にも、ジャンク品を購入して、専門店へ持ち込み、リペア(修理)やカスタマイズ(改造)をお願いするケースがあったり、ショップだけでなく、工場、卸営業、コンサート現場でもリペア、カスタマイズ技術は必要とされています。
ESPギタークラフト・アカデミーでは、この状況を考えて基本的なリペア技術は全コースで学べます。
さらに高度なリペア技術も2年次リペア&カスタマイズコースで学ぶことができます。

コンサートスタッフ

自宅やスタジオで問題無く使えるギター、ベースでも、大ホールや野外フェスといった会場でそのまま使えるとは限りません。
これは、照明や大量に使う電気設備によって不快なノイズが発生したり、気温や湿度といった環境の変化も楽器にあたえる影響がゼロではないからです。
他にも、アンプや周辺機材のセッティングも会場によってさまざまです。
コンサート現場では、こうした楽器や機材のトータルチューニングを行うローディやテクニシャンといったコンサートスタッフが活躍しています。
カリキュラムでは、現場で考えられるトラブル対策を学び、各会場で「使える」ギター、ベースを開発することはもちろんのこと、コンサートスタッフになるための基本ノウハウを業界用語から教えています。

演奏初心者にもプロミュージシャンが直接指導

演奏初心者の方は、クラフトマンとして最低限、必要な演奏技術をチューニングのやりかたから学ぶことができます。
また、プロがお教えしますので、「プレイヤーが求めるギター、ベースは何か。」を相談する機会にもなると思います。
本格的に演奏を学びたい方には、クラフトとプレイヤーの両方を学べるプレイヤーコースをお勧めします。
このように、プロのクラフトマン、ミュージシャン、そして学生の三位一体で学べる環境があることがESPの特徴です。

求人情報

ESPギタークラフト・アカデミーに届けられている求人票は、株式会社ESPが抱える、製造開発部門、営業部門、卸部門、店部門の自社はもちろんのこと、全国楽器店、製造メーカー、卸、音楽出版社、コンサートスタッフ、といった一般には公開していない音楽、楽器関連の求人情報になります。
他にも琴、三味線などの和楽器関連、家具製造や車、建築の塗装といった、ギター、ベース製作技術を活かせる職業からの求人も届いています。
これらすべてはESPのコネクションから集めたられた求人情報です。
学生はこの情報を利用する事ができます。